20代の転職事情とは?成功するための心構えや転職方法、狙うべき業界を解説

40代での転職は、20代・30代に比べて何が異なるのでしょうか。社会人経験も豊富なため、転職先からは高いスキルを求められ、若い年代よりも転職が難しくなる傾向にあります。しかし、40代を即戦力として迎えたい会社もあります。40代の転職のポイントを解説しますので、転職を考える際の参考にしてください。

40代の転職の実情とは

40代での転職は、どのようなものなのでしょうか。ここでは、40代の転職の実情を解説します。

20代・30代よりも高いスキルが求められる

40代になると管理職に就く方や、専門性の高いスキルを身につける方、業務を遂行しながら後輩を育てる方が増えます。そのため、40代の転職では、マネジメント経験や高い専門性を求められる傾向にあります。20代・30代は、成長を考慮したポテンシャル求人が多くありますが、40代は経験者を求める求人に絞られていくと考えておきましょう。

企業が40代に求めるスキル・経験

40代での転職は、どのようなものなのでしょうか。ここでは、40代の転職の実情を解説します。

マネジメント力

マネジメントスキルとは、部下やプロジェクト等の組織全体を把握し、管理運営するスキルです。部下の育成や組織力を上げ、成果を出したり、会社が成長したりするためには、マネジメントできる人材が必要です。そのため、マネジメントスキルをもった人材は、会社からの需要が高くなります。
マネジメント経験のある若い方もいますが、40代は知識や経験を積んだうえでマネジメントスキルを身につけている点が若い世代にはない強みといえるでしょう。

専門的なスキル

20代・30代に比べて求人数は少なくなり、豊富な経験を求められるなど、40代の転職はハードルが高くなります。しかし、即戦力として経験者を採用したい会社や、マネジメント層を募集している会社もあります。転職先の求めるスキルや経験が一致すれば、採用される可能性は高まるでしょう。